「労働問題について」の労働三法についてのページです。

  • HOME
  • 労働三法について

労働三法以外にもたくさんの労働法が設立されていると説明しましたが、その中でも労働の際に適応されやすい代表的なものを説明していきます。まずは労働場所での安全や衛生面での最低基準に関する内容を定めている「労働衛生法」についてですが、この労働衛生法は厚生労働大臣により定められている作業環境測定の基準に沿って、労働者に有害な状況で作業を行わせる場合にその作業場所の作業環境の測定を行い決められた周期でその記録を残しておかなければいけない法律です。この法律に違反していた場合は、その内容を都道府県労働局長または労働基準監督署長に申告することができます。違反した事業者は6ヶ月以下の懲役または50万以下の罰金に処せられ、そのことに対する作業は一時的に停止され作業場所の使用に対しても禁止されてしまいます。
次に説明するのが「最低賃金法」ですが、低い賃金を不当に設定されている労働者に対して職業の種類や働いている地域に応じて与えられる最低賃金を保証することで労働者の生活を安定させ労働力の公正な確保ほ向上させることで労働条件の改善を図っています。しかし、最低賃金を引き引き上げすぎることで失業率を増加させてしまう要因にも繋がるということで問題視されています。
このように労働者を守るための法律は数多くあり、知らぬ間に働きやすい事業場へと変わっていっています。

Copyright(C) 労働問題について All Rights Reserved.