「労働問題について」の様々な労働問題のページです。

  • HOME
  • 様々な労働問題

様々な雇用問題について

今日では様々な雇用問題が重要視され、様々な法律や制度でそれらを解消しようと日々考えられています。その背景には現在の不景気や男女差別などの様々な要因が考えられますが、昔から雇用問題に関しては取り上げられていた問題のひとつですので、その時代によっての雇用問題が発生してしまいます。現在の雇用問題が解消できたとしてもその後の時代背景によってまた新たな問題が発生しその都度政策を考えていかなければなりません。労働者が存在する限りは労働問題は解決することは無いといっても過言ではありません。
日本の雇用問題はすでに働いている労働者に対しても言えますがほとんどはフリーターなどの正雇用ではない人たちと高齢者に対する雇用の問題が注目されています。次からはその代表的な問題のひとつの高齢者雇用について説明して行きたいと思います。

高齢者雇用について

なぜ現在の日本では高齢者雇用が問題視されているかというと、日本は高齢者多就業社会と呼ばれ先進国の中でも日本の労働者が企業を引退する年齢が極めて高いと言われます。このことが問題となっている要因として高齢者の賃金が関係してきます。中高年に対する賃金は年功序列制度により長く勤めることである程度の高い給料をもらうことが出来ます。しかし企業にとっては若い働き盛りの労働者と比べても給料を貰い過ぎているという現状のため、定年という形で一度企業と労働者の形を断たなければ運営していけないのです。
外国では入社10年ぐらいは経験に比例して給料はあがってはきますがその後の給料は個人の能力を考慮して与えられます。その為企業の平均で見ると日本と遜色は無いのですが内容を考えると労働者の間での給料の格差は日本に比べると非常に高いものとなっています。日本では働けば働くほど給料は上がっていくものと認識されているため努力をしなくてもまとまった給料が支給されてしまうといった現状なのです。
その点を考えると、何も努力せずに給料ばかりが高くなった高齢者は企業にとって非常に邪魔なものとなってしまいます。中には年齢を重ねるごとにその能力に磨きを掛けて会社に必要不可欠となっている人物もいると思いますが、ほとんどの場合経験だけで何も働かないといった場合が多いのです。

Copyright(C) 労働問題について All Rights Reserved.